マイル関連情報 旅(情報)

ANA VISAカード大改悪のお知らせ

昨日からTwitter周辺が騒いでおりますが、ANA VISAカードが大きく改悪となりました。

特にANA VISAワイドゴールドはポイント還元率もさることながら、年会費の割引もあり、航空系ゴールドカードにしては年会費1万円程度で使えましたのでとっても人気がありました。

実際、周りのANA派の皆様は大半がANA VISAワイドゴールドです。

個人的にはJAL派なのですが、妻がANA派で、しかも思いっきり改悪対象カードなのでどうしたものかと考え中です。

改悪ポイントと変更案をいくつか。

マイル還元率が1.3%→1%

従来、ANA VISAカードはマイ・ペイすリボを使っていて、リボ払いの利息でも発生している月は0.5%のボーナスポイントがありましたが、これが2022年8月10日の請求をもってなくなります。

これによって、マイル還元率に直すと1.3%→1%に。

陸マイラーにとっては最大の痛手かもしれない。

その代わり年間2回リボ払い利息を発生させることで、500円相当のVポイントがもらえるようですが、代替策としてはさみしい感じです。

年会費の割引が一部廃止

ANA VISAカードの年会費割引は2つありまして、

1,WEB明細利用

2,マイ・ペイすリボの利息が年1回以上発生する

の2つですが、このうちの1番(WEB明細利用)10月10日支払いをもって無くなります。

かろうじて2は残りますので、こちらについてはそこまで大きな影響はありませんが、年間でゴールドカードで1,100円(プラチナを除く他のカードで550円)の割引がなくなります。

カード付与の旅行傷害保険が自動付与から利用付与へ

実はANA VISAカードの旅行保険は自動付与でした。それが利用付与に変わります。

普段から決済をANA VISAカードにされている方は問題ないですし、他のカードも何かしらの傷害保険はついているのでそれほど問題はないでしょう。

逆に自動付与だったことに今更ながら驚きました。

情報誌「MY LOUNGE」「VISA」年間購読料無料サービスの廃止

こちらは、地味に楽しみにしていたので残念ですね。

いたしかたないかもしれませんが。

尚、年間購読料(1980円)を支払えば継続はできますよ。

代替えカードはどうするか?

なんだかんだ悩みます。

SFCを持っているか否かでも選択肢に差がでてきます。

SFCを持っていないのであれば個人的には年会費実質無料のエポスゴールドカード(もしくはJQエポスゴールドカード)をオススメしたいです。

詳しくは下記リンクを見ていただきたいのですが、

3つのポイントアップショップでちょうど100万円使うとすればエポスポイントの還元率が、

通常ポイント 0.5%

ポイントアップショップ +1%

ボーナスポイント +1%

2.5%になります。

結果としてエポスポイントからANAマイルに交換するとすれば1.5%のANAマイル還元率となります!

満額ポイントアップショップを使わないにしても、ANAマイル1%の還元率に落ちるANA VISAワイドゴールドのみでANAマイルをためるよりは間違いなく効率は良いと思います。

プライオリティパス所持も考えているのであればエポスプラチナカードも良いかと。

問題になるのはSFC所持者ですね。何かしらのANAカードは所持の必要がありますので。

個人的にも妻が今年SFCを取得できそうなので、余計に悩みます。

改悪になったとはいえ、1%のマイル還元率はありますし、年会費も1100円上がるだけなので、2枚持ちするぐらいであれば現状維持するのも選択肢の1つです。

SFCをワイドカードにダウングレードさせて、SFCを維持するためだけのカードにして、2枚目にエポスゴールドを所持するというのも選択肢にはあります。

保険の関係でANA JCBに変えるという声もありますしね。悩ましい。。

8月支払いからなので、ANAカードについてもちゃんと調べてしばらく検討します。

らんきんぐ

にほんブログ村 旅行ブログへ

-マイル関連情報, 旅(情報)
-, , ,