音威子府TOKYO

まずもって初見では読めないと思います。

音威子府(おといねっぷ)

北海道 音威子府に黒そば(音威子府そば)を唯一作る畠山製麺がありまして。

2022年8月末で高齢のため、製造を中止されるとのニュースが流れました。

どなたか跡を継がれるか、他の製麺所が引継ぎ等あればいいのですがね。

今度、北海道に行くのですが、そのきっかけともなった音威子府そば。

調べてみると東京で食べられるようなので、先日行ってみましたー。(*´▽`*)

最寄り駅は四谷3丁目となります。

小さな入口ですが、日曜日だからなのか、噂を聞きつけた人々が行列とはならないものの、どんどん来店されます。

YouTubeでグルメ系の方が配信されたようで、この影響もあるようですねー。

その日は音威子府そば定食(1400円)をオーダー。

小鉢や炊き込みご飯、天ぷらがついてきます。

その後、他の用事もあったので控えましたが日本酒もよくあいそうですね。

そして最後に来るのが音威子府そば

真っ黒な蕎麦です。

通常、甘皮は除去して製粉されますが、音威子府そばは甘皮も一緒に製粉するので、真っ黒な蕎麦になります。

それにより、栄養価も高く、香りも味も強い蕎麦に仕上がるそうです。

実際食べてみると、その言葉通りの印象をうけます。

今度、音威子府に行く旨を店主に伝えると色々と教えてくれました。

隣に座っておられたお客様も北海道出身の方で、お酒が1滴も入ってないのに話がはずみます。

2人そろって、

「遠いよ」

「旭川から3時間だよ」

と脅してきます。GoogleMapだと2時間なんですけども。どっちが正解なのか。

実証実験はこの記事が上がった日に行います。

お店にも再度、伺いたいですし、音威子府に行くことにも躊躇が無くなりました。

帯広in 旭川outで北海道旅行してきます!

食べログ

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13239730/

amazon

-