旅(国内)-東北- 旅(旅行記)

青森(岩手)旅行番外編 生雲丹の瓶詰が届く

ちょっと新コンテンツ。

ご当地お土産品をいただくシリーズです。

今回は、先日の青森(岩手)旅行で送った岩手県斉藤商店の生雲丹瓶詰!

ミョウバンも保存料も使っていない海水だけに入った天然物生雲丹です。

金額は聞いていなかったので全然知らなかったのですが、1本170g入って3,000円だそうです。これが3本来ました。

賞味期限は3日。

生雲丹の値段と考えれば安いのですが、普段の食事に使うと考えるとめちゃめちゃ高いんですけどもー。。

とりあえず到着初日は炊き立てご飯に乗せて生雲丹丼。

1つ1つがまぁまぁの大きさで、とろける食感とはこのことか。

苦みや臭みなんかは一切なく、爽やかな磯の香りと、軽やかな甘みと旨味。

そしてトロッとした舌ざわりです。

わさび醤油でいただきましたが、あれですね。

先日、青森で食べた生雲丹丼よりも味の濃さが際立っていて旨いですね。こっちの方が。

結論だけで言ってしまえば、わざわざ青森までいかなくても取り寄せたら良かったんじゃないか疑惑すら立ちますが、まぁ、過程も大事なのでそれはそれ。

とにかく最高の生雲丹丼をいただくことができました!

2日目の朝も生雲丹丼。

寝ぼけて作ったので適当感はありますが、相変わらず美味しい。

そして3日目のお昼。

その日は生雲丹パスタ。

生クリーム使うとコッテリしすぎな気がしたので、あえて牛乳ベースで。

軽めのクリームソースに生雲丹を混ぜ込んでソースに。

上にも生雲丹をたくさん乗せてみました。

作ってて、なんか申し訳ない気持ちにもなりましたが、賞味期限3日間なので致し方ないです。こればかりは。

贅沢の極みです。

こちらも美味しいパスタに仕上がりました。

ソースはもちろん旨味しっかりですが、トッピングの大量の生雲丹を絡めながら食べると美味しすぎる1皿。

こんな美味しい雲丹を知ってしまって、都内で雲丹食べられなくなるんじゃないかとすら思った3日間です。

amazon

-旅(国内)-東北-, 旅(旅行記),