アイランドホッピングツアーに行ってきた!3

2日目です。やたらと那覇に来ているハンバーガーの友人と、那覇在住ビール(最近テキーラ)の友人と飲んで、すっかり寝坊。

深夜にきな粉クッキーらしきものを食べたらしく、お酒はさほど残ってないのにお腹がもたれてました。

こういうところは、妻にセーブしてもらわないと駄目だなぁーとか思いつつ朝食バイキング付だったので、食べてから出発です。

今日のAMは宮古島往復。昨日の福岡→那覇はピンクジンベエジェットでしたが、今日はブルージンベエジェットです。

好きな人にはたまらない事だと思います。多分。

保安検査場を再度抜けるのは面倒くさかったので、(往復の場合、一旦外へ出る導線になってる。)係員に伝えてそのまま出発ロビーへ。これはこれで使える手です。

時間も少しありましたので、宮古島名物を物色。宮古島のポークたまごおにぎりと、バナナケーキをゲットです。

おにぎりはまだ温かい。

そして那覇へ。

那覇に戻ると2時間弱ほどの空き時間があり、昼食にあてる時間ですが、お腹も小腹は空くものの、さほどではないのでレストランへは向かわず出発ロビーで宮古島製ポークたまごおにぎりをいただきます。

温かさはすでにありませんでしたが、みその感じが新鮮。美味しい。

時間までPC触りながら待っていると不穏な空港内の放送が。

ぴんぽんぱんぽーん「徳之島上空、強風のため奄美大島へ向かうか那覇へ引き返すことがあります。」

え?('Д')

可能性としてはあると思ってたけどやめてほしいなそれは。と思っていると同じ内容のメールも届いてた。聞いていなかったとか言わせない布石か。

そういえば、前日のJALのコミュニティtricoアプリの書き込みには、

「昨年、奄美、屋久島、但馬のホッピングツアーに参加しました。3日目の屋久島便で天候不良で強制終了となりました。帰りは鹿児島から当日チケットだったので高かったです。そういうのも思い出になりましたよ。」

フラグか。

当日チケットとかやめてくれ。思い出にするには辛すぎる。

勘弁だなぁーと思いつつも、案内があるってことは「万が一引き返すことになっても弊社は案内したからね?責任はないよ?」っていう返し文句のためであろうと自分をなだめつつ、普通に搭乗。

飛行機はDHC-8-400よりも小さいATRでした。これは小さい。

強風にあおられつつも、無事に徳之島に到着し、徳之島で同様の案内をもらいつつも30分後のフライトで奄美大島まで到着。

客室乗務員は那覇→徳之島→奄美大島までは同じで、昨日と同様ながら今度は奄美地方の挨拶から始まりルーチンをこなされていました。お疲れ様です。

無事、到着できたからこそだけど、ほら言った通りでしょ?布石打ってるだけだよ。とか思ってた。

続く。

amazon

-