マイル関連情報 旅(情報)

ANAマイルを貯めるならエポスプラチナが最強!

JALマイルに続き、ANAマイルです。個人的な話ではJALにしか興味関心がありませんが、

妻がANA派。

つまり、ANAマイルも勉強するのは僕なんですねぇ。こういうの好きだってのもあるから。

ま。仕方ない。

ANAも航空券をちゃんと買って乗るのであれば、ANAカードを持った方がいいと思います。

ゴールドカード以上でマイル還元率も1%は狙えますし、フライトマイルが25%ほど多く貯まるので。そこに異論はありません。

そうではなく、基本はマイルを使って特約航空券メインの方にオススメという意味合いです。

JALであれば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス(最大1.4%マイル還元。)をオススメしているように、ANAにもそういうのがありまして。それが、

エポスプラチナカード(EPOS PLATINUM)

まさかの丸井。僕がエポスカードを紹介する日が来るとは思いませんでした。

端的に旅行に関連するポイントを中心に記載しますと、

年会費 3万円(インビテーションで2万円。または初年度100万円利用で翌年以降2万円)

旅行保険 国内外 1億円

プライオリティパス無料発行

まずはここまで。年会費はいささか高いですが、プライオリティパス発行は嬉しいですね。海外にいけるようになれば活用度があがります。

で、肝心の還元率ですが、

エポスポイントはANAマイルに1:0.6で交換できます。

通常のポイント還元率0.5%(ANAマイル0.3%

選べるポイントアップショップ(3つまで登録可)」では還元率1.5%にUP(ANAマイル0.9%

選べるポイントアップショップがまずは大きなポイントで、ありがちなコンビニやスーパー、家電量販店だけではなく、公共料金(東京電力・東京ガス・国民年金等)やSuica、ANA、JAL、ガソリンスタンド、いくつかの保険会社も含まれるのがポイント。

特にモバイルSuicaは利用価値が高いんじゃないですかね?

今時、電子マネーが使える店舗はほぼほぼSuicaを代表とする交通系電子マネーは使えますので、普段の買い物をSuicaに集中させるのはたやすいのではないかなと。

カード支払いの金額が多いところはある程度限られてくるので、年間の支払い比率がわかれば有効活用できます。

また、年間利用額により特典ポイント(これがこのカードのキーポイントになります。)がありまして、

年間ボーナスポイントが100万円で20000ポイント(還元率2%)(ANAマイル12000マイル ANAマイル還元率1.2%)もらえる。

100万円 20000ポイント(ANAマイル12000マイル)

200万円 30000ポイント(ANAマイル18000マイル)

300万円 40000ポイント(ANAマイル24000マイル)

が付きます。

つまり、通常のマイル還元率としても100万円ちょうどであれば、1.5%のANAマイル還元率。200万円だと1.2%

ポイントアップショップをフル活用すれば、2.1%のANAマイル還元率になります!まさに最強!

100万円ってことは1か月8.33万円ですから、支払いを1枚のカードに集中させればさほど無理のない数字ですよね。

ちなみにANAコインですと、1エポスポイント=1ANAコインなので、ANAコインで使われる方は、こちらの交換をオススメします。

もちろんそれ以外の特典もありますので、詳しくはH.P.をご覧ください。

申し込みはこちらから

ノーマルエポスカードから順番に行くなら下記バナーからどうぞ。

総合的なコスパならノーマルカードを作って順々にインビテーション待つのが最良です。

年会費を考えるとコスパが悪いと考える方は、年会費実質無料でコスパ最強のJQエポスゴールド、エポスゴールドの詳細はこちら。

プライオリティパスを考えなければめちゃめちゃ良いカードです。

らんきんぐ

にほんブログ村 旅行ブログへ

-マイル関連情報, 旅(情報)