旅(情報)

JAL 2023年4月からの新しい国内線運賃メリット

2023年4月12日からJAL国内線運賃が大きく変わります。

ご時世柄値上げもありますので、ネガティブな点もありますが、後述しますが、往復や特に乗り換え便は従来よりも安く乗れますので離島に行く際などには大きなメリットも!

フレックス・セイバー・スペシャルセイバー

まず航空券が大きく3つにまとまります。

とはいえ、セイバー・スペシャルセイバーの料金が固定かといえばそうではなく、日数と混雑状況によって値段がかわりますので、従来の料金体系に混雑状況の要素が加味されたと考えてもらえればよいでしょうか?

いわゆるダイナミック・プライシングになります。

JALパックのダイナミック・パッケージでも導入されている料金方式ですね。

往復割 5%OFF

フレックス・セイバー・スペシャルセイバーを組み合わせた往復の運賃額から5%OFFとなる「往復セイバー」が登場します。

小児割引25%OFF・障がい者割引20%OFF・介護帰省割引10%OFF

小児割引 :フレックス、セイバー、スペシャルセイバー、往復セイバー(株主割引、特定路線離島割引は50%割引)

障がい者割引/介護帰省割引:フレックス、セイバー、スペシャルセイバー、往復セイバー

お得な乗継運賃

直行便の就航がない区間や複数便を乗り継ぐ旅程でも、運賃のラインナップが充実。

それぞれの区間を購入するよりもおトクに!

従来、離島は無駄に高くて諦めることが多かったですが、これで旅の選択肢が増えるかも!

実際に4月の日程で調べてみました。

比較は羽田→那覇→与論島

鹿児島経由も検討しましたが、那覇の方が安かったので安い方で比較です。

日程は4月8日(土)と4月15日(土)

4月8日は検索した1月18日からですと75日前予約なのでウルトラ先得での金額です。

4月8日が乗り換えを考慮すると19,110円+10,140円=29,250円

4月15日が22,080円

となります。

約7,000円安い結果に!

かなりお得な設定になってますね!

特典航空券のメリット

100マイルからの追加で空席の無い便も予約可能

特典航空券PLUSの導入で、一番マイルの少ない基本マイルに空席がなくなった便も100マイルからの追加で便に空席があれば予約可能!

年末年始や週末なども、マイルで希望の便の予約が取りやすくなります。

必要マイル数は今までよりおトクな片道4,000マイル~

特典航空券にファーストクラス導入

普通席・クラス Jに加え、ファーストクラスもマイルで予約可能に。

例)東京ー大阪(片道)12,500マイル~

乗継旅程の特典航空券利用がお得に!

今まで経由便利用の場合は2区間分のマイル数が必要だったところ、今後は1旅程扱いとなりマイル数がぐっとおトクに!

これはうれしい!

4月以降は離島旅の検討をしようと思います。

まとめ

メリットを中心に記載しましたが、ご時世柄値上げもありますので、安くなるばかりではありません。

とはいえ、乗継旅程の割引は従来の離島旅の概念が変わるかもしれない措置であり、旅の選択肢が広がります。

JGC回数修行の方は、これをうまく使えば50回などあっという間かもしれませんよ!

らんきんぐ

にほんブログ村 旅行ブログへ

-旅(情報)