旅(国内)-東北- 旅(旅行記)

青森(岩手)旅行5 館鼻岸壁朝市

翌朝5時起き。

前日も5時起きなので、2日間だけ超朝方人間です。

八戸には毎週日曜日の朝(夜明け)~9時まで開催される巨大な朝市があります。

その名は館鼻岸壁朝市。

全長約800メートル。出店者数約300店舗の巨大な朝市。

館鼻岸壁朝市での目的は、いちご煮。

雲丹やアワビを使った南部名物の汁物です。この時期は出店も多いとか。

朝市は、6時頃から賑わいを見せ、7時ぐらいが賑わいのピークとなるそうです。

ちょうどこの写真がそれぐらいの時間帯です。盛り上がっている感じあるでしょ?

老若男女、地元の方も観光客も沢山の方で賑わいを見せる舘鼻岸壁朝市。

出店店舗も数だけではなく種類も豊富です。

焼き鳥屋さんや牛串屋さん、韓国料理屋、コーヒー屋さんもあれば、きくらげ屋、乾物屋、八百屋、魚屋、雑貨屋、

お花屋、パン屋、とにかく何でもある感じです。

変わり種ではハラペーニョフォー(ベトナム汁そば)とかありましたよ。

値段も信じられないぐらい安くて、野菜は100円、200円の品物が多数あります。

青森まで来て、トマト、筍、おかひじきを買うことになるとは思いもしませんでした。(つまり買った。)

品質的には、若干安かろう悪かろう感もありますが、それでも良いものも沢山ありましたよ!

魚介類は興味はあるものの、この後、1日動き回るので(午後から晴天予報)購入は避けました。

焼き鳥屋と牛串屋で1本ずつ食べ歩きしながら、小一時間ほど散策。

そこら中で、100円、200円で物が売られている中、コーヒー250円が妙に高く感じてしまいましたが。

6月でちょっと肌寒い感じでしたので、大鍋で汁物売ったら売れそうとか思いつつ散策してましたが、行列できていたのはなぜか唯一パン屋だったので(しかも現地で釜焼成)、観光客とは求めているものが違うのかもしれないとも思いました。

とっても楽しい朝市でしたが、ここ数日、海が荒れてる影響もあってか雲丹の収穫は少ないようで、

目的だったいちご煮は1店舗のみ。んー残念。

2日目は雲丹三昧の予定でしたので、まずは朝食にと、いちご煮と雲丹飯をいただきました!

現地ガイド(妻の友人)によると、どうも今回のは、八戸の雲丹ではなさそうなんですけどね。

とりあえずは食べられたので目的の1歩は果たせました!

ちょっと肌寒い気温でしたので、8時頃には一旦ホテルに戻り、コーヒータイム。

9時から再度、出発です。

雲丹三昧は続く。

amazon

-旅(国内)-東北-, 旅(旅行記),