旅(旅行記)

面リークリスマス

思えば風邪のピークがこの日。

12月25日(月)

中華インフルエンサー アイチーさんのお誘いで、毎年クリスマス恒例の面リークリスマスに参加するために、山西亭までいってきました!

思えば妻との出会いもこのイベント。

出会いは中華料理屋としているのは、嘘ではありません。

今年は全15種類の料理のうち10種類が麺料理!

いつも途中でギブアップし一部持ち帰りとなりますが、この時もそうなってしまいました。

いかんせん体調が悪すぎて、出てくる食べ物をなんとなく口にするだけ。

会話をする思考もなく、友人達もいっぱいいるのに、まったく会話できなかった記憶です。。

スタートは豚耳の多層仕立てと、蒸し鶏と野菜の黒酢和えから。

いつもは面スタートですが、今年は普通に前菜です。

珍しい。

3品目からは面。

自家製燕麦細切り和え麺 と とうもろこし・小麦・ジャガイモでんぷんのつぶつぶ麺

つぶつぶ麺が一見温かいと思いきや冷たかったのが印象的。

風邪がひどくて温かいものを欲していたのでしょう。きっと。

お次は恒例の自家製ジャガイモでんぷん炒め「リャンフェン」とキャベツのそぼろ麺「ブーランズ」

ブーランズは一見炒飯に見えますが、ご飯は皆無です。

そしてこの辺りからギブアップ系。

麺料理はいただくけれど、持ち帰りしやすそうなものは持ち帰りいたします。

次が山西省南部運城名物ダーパンジー猫耳麺 と 細切り餅と羊肉の山西南部料理

猫耳麺が個人的にはこの会一押し。

次が固形物の代表豚まん。もちろん持ち帰り。

コウリャン粉の豚肉まん と ホルモン犬舌麺

ホルモン犬舌麺はマジで記憶にない。

こちらは風邪に効きそうなので、ちゃんといただいた山西省省都太原名物クセあり朝食·頭脳「トウナオ」)羊·蓮根の漢方とろみスープ と いつもの定番。白菜の甘辛黒酢炒め

この辺りからは考えるまでもなく持ち帰り系です。

いろいろ具材の燕麦ロール「ドゥンドゥン」 と 羊肉餡の蕎麦水餃子

最後のデザート もち米揚げ餅 も持ち帰り。

キャンセルするのも申し訳なく、なんとかかんとか参加した会でしたが、まじでしんどかった。。

来年は万全の体制で参加します。

らんきんぐ

にほんブログ村 旅行ブログへ

PR

【PR】記事内に商品広告が含まれることがあります。

-旅(旅行記),