新型コロナと共に。

新型コロナと共に。

なんだろう。このタイトル。

新型コロナが2末に大きな問題となり、はや8か月。4月5月のような緊急事態宣下時はおいといて、6月7月に比べれば幾らか回復傾向にはあるものの、回復自体が落ち着いてしまったと思うのが9月中旬以降です。

理由は割と明快で、春に政府から「大手・中堅企業の出社3割までに制限と掲げられていた目標」が、各社紆余曲折ありつつも実現してしまっているところにあります。ここ1か月のランチ落ち込みを見ると考えさせられます。

ビストロポーカーからブルックリンダイナー五反田店に変えたのが良くなかったのかとも思いましたが、どうもそうではなさそうで。

新型コロナ対策としてはとてもいいことなんですけども。なんとももどかしい。

法人需要は相変わらず無いものの、個人の需要は戻ってきているので、週末は場所の割には忙しくさせていただいておりますし、東京がGoToトラベル対象になって以降はいささか落ち着きましたが、時を同じくしてGoToEATが10月頭からスタートしましたので、客単価云々はさておき来客数としてはそこまで悲観するものでもありません。

ネガティブな意見もありますが、それでも利益にはなっていますし、普通にパーティープランをGoToEATで予約していただける方も多数いらっしゃいますので、施策自体はありがたいものと受け止めています。

結局のところ、飲食店が完全に回復するには法人需要が鍵となりますが、政府方針に従っているだけなので、政府次第ってところですかね。。こればかりは。。

いつのタイミングでどこまで出社する人口が戻るのか。

今、一番気になるポイントです。

とはいえ出社制限が解除されても、コロナ禍で新しく生まれた「テレワーク」という文化は今後も続くと思いますので、出社が8割程度まで戻って、その差分をお弁当やデリバリー、ケータリングで補っていくというスタイルが落ち着きどころとは考えてます。

なんとか3月には戻ってね。お願い。